ルール

広島市の発達障害当事者会 ぽっぽカフェ ルール


会の基本的な決まりです。
発達障害の当事者会・自助会とは、支援をしたり受けたりする場ではなくて、同じ当事者同士として対等な立場で交わされるその場の会話の中に、自分で自分自身のヒントや答えを見出していく場所です。
ぽっぽカフェではお互いに気持ちよく過ごせるよういくつかのルールを設けています。


・お互いを守ろう
誰もが安心して話せる会にしたいと思っています。時にはつらい話を聞くこともありますが、つらい体験談はその人のものです。会以外に持ち出して話してはいけません。

・撮影・動画撮影・録音 禁止
プライバシーおよび肖像権の保護のため。

話を独占しない
ひとりの人が長々と話すと、他の人が話す時間が少なくなってしまいますので、気をつけましょう。

批判・お説教NG
フリートークが基本です。意見や感想を述べるのは自由ですが、批判やお説教はご遠慮ください。

個人交流は自己責任で
会の中での連絡先交換はご遠慮ください。

持ち物は自己管理で
貴重品や持ち物は各自管理をお願いします。盗難紛失の際には責任を負いかねます。

勧誘・販売 禁止
ネットワークビジネス・政治・宗教・募金などの活動及び勧誘
紹介者に利益の生じる講座受講の勧誘
物品やサービス(福祉関係も含む)の売買

ナンパ目的の参加 禁止
出会い目的の方はご遠慮願います。

差別発言・排他的行動 禁止
人種・国籍・属性・性別・性的マイノリティ(LGBTQ+ ←説明されているサイトに飛びます)への差別発言や排他的行動は禁止します。


・支援者として参加ご希望の方へ

支援者の方にも、当事者の立場で参加頂くようお願いしています。

発達障害特性の中で、 “強いて言えば” ご自身にも当てはまると思われる特性を持つ、 「未診断の当事者」 としてご参加ください。

当会は”自助会・自助グループ”であり、カウンセラー・精神保健福祉士などの専門家はいません。参加者は、代表を含め全員が「発達障害の当事者」です。カウンセラー・精神保健福祉士などの専門家の方も会に参加頂けますが、どなたも、多少の何らかの凸凹特性をもつ「当事者」として、参加当事者と同じ立場でご参加下さるようお願い申し上げます。


*当事者会は、「支援機関」ではなく、あくまでも、発達障害当事者が、当事者同士の場を提供しているのみという事をご理解下さい。

*重い二次障害をお持ちの当事者の方は、大変申し訳ありませんが、会に参加していただく事はできません。かかりつけの医療機関にて、まずは ”二次障害の治療” に専念され、十分に治癒された後に、ご参加ください。

(重い二次障害 : 人格乖離症、離人症、強い幻覚幻聴を伴う統合失調症、強い自他への加害願望、自殺願望が止まらない、突然意識を失う、衝動的で突発的な暴言や暴力、器物損壊、虚言癖、等、これらの症状が継続しており、なおかつ改善していない状態)


・ルール違反行為に対しては、その場で口頭にて注意勧告をします。その後、改善が見られない場合や、公序良俗に反する行為が止まない場合は、退場または出入り禁止措置を取らせて頂く場合があります。
・退場となった場合を含め、理由の如何を問わず参加費の返金には応じかねます。あらかじめご了承下さい。