参加してみたいのですが…

お久しぶりです。久しぶりのブログ更新ですw
最近お問い合わせをいただいた事の中に、参加資格についての事がありましたので記事として書いてみようと思います。


「診断はまだなのですが、参加できますか?」
大丈夫です!診断がまだでも、生まれつきの発達の凸凹が強いことに加えて、環境がご自身に合わない為に、ご自分や周りが困っている状態が ”発達障害” と呼ばれるものです。
ですので、それにあてはまると思われるならば、診断がまだであっても当事者として会にご参加いただけます。

「たぶんグレーゾーンかなと思うのですが、参加してもいいのでしょうか?」
大丈夫です。グレーゾーンであっても関係ありません。
ご自身でグレーゾーンかなと思われるなら、未診断であってもかまいません。
当事者としてご参加いただけます。
”発達の凸凹” という共通のキーワードで集う誰もが、対等な立場で参加できるのが “発達障害の自助グループ” です。ぜひ一度いらしてみてください。

「当事者ではなく当事者の子の親なのですが、参加できますか?」
もちろんです。
ぽっぽカフェは発達障害(発達の凸凹+環境のミスマッチ)に課題を抱える当事者の会ではありますが、親御さんにもご参加頂けます。
当日は、会の中でもご案内をいたしますが、ご自身も「何らかの発達の凸凹」を持っているという意味での「当事者」のつもりでご参加ください。
成人当事者達の話の中に何か気づきやヒントを得られるかもしれません。
また、広島市近辺にもいくつかの「親の会」がございますので、そちらの情報などもご案内できたらと思います。

「参加者のおもな年齢層を教えて下さい」
いまのところ一番多いのは30代ですが、下は16歳から上は60代近くの方もおられます。20代の青年層の参加者もいますし、世話人は40代で他にも40代が数人おります。
(当事者の場合は)16歳以上であれば何歳でもOKですし、参加年齢上限もありません。
支援者(当事者の親御さんも含みます)の場合も同様で、参加年齢上限はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です